ピアノ発表会の写真撮影 手元を美しく☆

ピアノ発表会を撮影する場合、ホールによって撮影する角度(高さ)を考えます。

これは、ステージの高さや客席の構造がホールにより異なる為ですが、

例えばステージが低いと前列に座られるご父兄、お客様の頭が写り込んだり、
演奏者にかぶってしまう事もあります。

そのような場合は、客席の前列をふさいだりカメラの位置を高い所にしたりします。

 

でも実はもう1つ、ある事の為にカメラの高さを考えなければいけない事があります。

それは演奏者の手元です。

 

とある会場を例にとってみます。

 

DSC_0328

高い所から撮影する場合、上の写真のように大きな三脚を使って脚立に乗っての撮影になります。

 

このホールで、脚立に乗らず通常の自分目線の高さで撮影するとどうなるか。

 

下の写真をご覧下さい。

DSC_6542

なんという事でしょう。

演奏者の手元がピアノのヘリで隠れてしまっています。

せっかくのピアノ演奏なのに、鍵盤を押している指が見えないのは寂しいと思うんです。

では脚立に乗ってみましょう♪

 

DSC_6544

じゃじゃじゃーん♪

いかがでしょうか。

全然違いますよね!

写真に動きが出ました☆

こんなところを気にしつつ、発表会の撮影をさせて頂いております♪

 

では最後に、

 

DSC00107

セルフタイマーで撮った脚立に乗る後藤です。

・・・。

すみません、これは余計でしたね(笑

 

ピアノ発表会の撮影の詳細はこちらでどうぞ☆
東京都内、埼玉、千葉、神奈川、茨城、その他関東圏内、出張にて写真撮影いたします!

 

↓クリックにて応援宜しくお願いいたします☆
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

関連記事

  1. さいたま市 大宮氷川神社にて七五三の出張撮影

  2. 赤坂日枝神社・七五三の出張撮影の風景

  3. 魔法の手@お宮参りの出張撮影

  4. 七五三 出張撮影 東京 靖国神社にて☆

  5. ビールの写真の撮り方@所沢にてビール会社の写真撮影

  6. 東京・日野市 高幡不動尊にて七五三の出張写真撮影